Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shotakai/fe-ga.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

フェーガ

かっこいいと楽しいが見つかるブログメディア

THE NORTH FACE(ノースフェイス)のNM71553 RECON(リーコン)

カバン

THE NORTH FACE(ノースフェイス)のNM71553 RECON(リーコン)のレビュー!

2017/05/19

こんにちは、しょーへいです。

実はリュックやカバンが大学生くらいから好きで、結構いろいろなものを試しています。その中でもリュックはやっぱり男子にとってはマストアイテムですよね。

背負いやすさはもちろん、大容量かどうか、ポケットはたくさんあるか、背中が蒸れないか、などなど。私がリュックで譲れないのが、容量と背中の蒸れ、そして長時間でも疲れない構造かどうかです。

それらを踏まえた上で今回はTHE NORTH FACE(ノースフェイス)のNM71553 RECON(リーコン)をAmazonで買ったのでレビューします。

スポンサーリンク

NM71553 RECONの良いところ

31Lの大容量

31Lの大容量
今回RECONを買ったのは、当然街中で使うためです。ガチの登山をするために買ったわけではなく、本当にタウンユースとしか買いました。

で、実際にこれくらいの容量を欲しがるのは、大学生とかサラリーマンさんとか、私と同じようなフリーランスの方になるのかなあと思います。

私は普段外出する時、13インチのMacBook Pro(retina)を持ち歩いています。その他手帳、ノート、ペンケース、ライトニングケーブルなどを入れたポーチ、MacBook Pro用の充電器、財布、iPhone6s、Kindle Paperwhiteなんかを持ち歩いていますかね。

実際それだけでかなりいっぱいになってしまうんですけど、このRECONなら全然余裕です。まだまだ入りそうな感じを持ちます。普通にビジネス書とか入れても余裕そうです。

背中の蒸れ対策

正直この背中の蒸れ対策は素晴らしいです。さすがはノースフェイスと言いたくなるほど、背中が蒸れにくくなっています。

でやっぱりノースフェイスのリュックで1番良いところは、背中のパッドがかなりしっかりしているところです。

普通のリュックだったら、背中がゴツゴツして気になるところですけど、絶対に気にならないレベルのパッドが入っています。絶対にゴツゴツしません。

蒸れない

そしてさらに背中に直接あたる部分には、このボコボコしたパッドが入っています。これが背中に当たると結構気持ちよく、そしてマジで蒸れにくいです。

肩紐の頑丈さ

またショルダー部分もかなりガッチリとした作りになっています。

表面はメッシュで両側がら押すと、ガッチリした硬さを感じるんです。見た感じメッシュだから涼しそうだけど結構もろいかな?って思ったんです。でも背負えばそんなこと全然ありません。

肩紐の頑丈さ

多少肩紐から蒸れてしまうことは考えられますけど、それでもメッシュで外側がやわらかく、でも太めの芯があるからそう簡単にはクタクタにならない印象です。

このあたりは経過を見ていければと思いますね。

背負った時の見た目のゴツさ

背負った時のゴツさ

そして男性ならやっぱり見た目大事ですよね。

今はヒューズボックスやシャトルなんかのスクウェア型がすごく流行しています。確かにかっこいいと思います。そこそこ容量がありますし。

でも、人とは違った大きくてかっこいいリュックが欲しいという方は、結構オススメですかね。

僕も最初見た時は「うーんそこまでかっこよくないかなー」なんて思ってたんですけど、お店で背負ってみたら結構かっこよくて惚れ込んじゃいましたし。

ポケットの多さと内側の安心感

そして案外嬉しいのが、ポケットの多さ、そして内側のフリースみたいなフワフワ素材。正式な名称わかんないからフワフワでいいですかね。

ポケットの多さ

ポケットは、メインサブ合わせて18ありました!

こういうポケットの多さは旅行とかでも使えますよね。爪切りとか毛抜きとかの小道具をポケットに忍ばせたり、ガムやのど飴なんかを入れたり。使い方は無限大です!

取っ手の頑丈さ

そしてなんといってもリュックの上にある取っ手の頑丈さです。ここが細くて弱っちいリュックにするとホント後悔するんですよ。

だって電車乗る時ずっと背負っているわけにはいかず、下ろして手で持ってなきゃいけないんですから。

取っ手が頑丈

だからこそこの取っ手が頑丈で持ちやすいものを探していた時に、RECONはベストだったというわけですね!

PCを入れても床に着かない設計

地味に嬉しいのが、PCをスリーブに入れると、床の接地面にPCが着かないような設計になっているんです。

これって結構嬉しいんですよね。

物を取り出す時にどうしてもリュックを床に置かなきゃいけない場面て結構あります。そんな時、PCがあると絶対雑に扱えないですよね。だから結構気を遣うんです。

で、せっかく気を遣ってリュックを置こうとしたつもりが、結構勢いよく「ガッ!」って床にPCがぶつかることもありますからね。ショックなんですよね。

でもNM71553 RECONなら、PCが床に着かないようになっているので安心なんです。

NM71553 RECONの残念なところ

とはいえ、完璧なところばかりじゃないです。

これは完全私の主観によるものなので、参考程度にして下さいね。

リュック自体の重量感

リュック自体の重量感は決して軽いわけじゃないです。

そりゃあ31L容量だし、背中に厚めのパッドも入っているし、取っても肩紐もかなり頑丈な作りですから。

ある程度重くなきゃバランス取れないでしょう。

気になる重さは、1210gです。簡素なリュックに比べるとやはり重量はありますね。

とはいえ、それを感じさせないくらいの機能性と容量を持ち合わせています。

メインのジップが開け閉めしずらい

これはおそらく買ったばかりでまだ使っていないことが原因かもしれませんが、メイン収納のジップが開け閉めしずらいですね。

ジップ自体の固さもありますし、上からかぶせている部分の固さも関係していますかね。
ジップの開け閉めがしにくい

使っていくうちに馴染んできて使いやすくなりそうな雰囲気ですけど、使ってみないとわかりません。

現時点では開け閉めは少しだけしずらいといったところです。

NM71553 RECONはコスパに優れた良品です!

THE NORTH FACE(ノースフェイス)のNM71553 RECON(リーコン)

良いところと残念なところを考えて書いたわけですけど、私自身このNM71553 RECONを購入して本当に良かったと思っています。

大容量で、背中が蒸れず、長時間背負っていても疲れにくい、そしてかっこいいと来ているわけですからほぼ文句なしです!

高校生、大学生、サラリーマン、誰でも使いやすくかっこいい大人のリュックですね。

-カバン
-, , , , ,